不動産の有効活用

・有効活用したい土地はあるがどのようにしていいか分からない
遊休地を活用して収入を得たい
・老後に備えて安定収入を確保したい等

手放したくないが、活用方法がわからない不動産をお持ちのお客様へ、
住宅ファミリー社では、有効活用の方法をニーズに合わせて、ご提案させていただきます。

不動産売却
不動産売却

土地所有者自身が自ら借入等によりマンション建設などの事業を行う際に、経験がないため、
建物の企画・建築業者選定・工事中の指示などの事業に係わる一切の業務を専門家に委託して
事業を進めることを「事業受託方式」といいます。

不動産売却

土地所有者は土地を出資し、デベロッパーなどの事業主体は建築関係費を出資し、
その出資比率に応じて完成した土地建物を分け合う事業方法で、
土地所有者の提供した土地の一部と、事業主体が提供した建物の一部が同じ価値であることから
「等価交換方式」といわれます。

賃貸運用
賃貸運用

活用はしたいが、「土地を手放したくない」「建物を建てる負担は・・・」とお困りの方は、
小額の費用負担で継続保有できる〈月極駐車場〉という方法があります。
 また「繁華街」「駅前」等の特殊な立地条件であれば、〈月極駐車場〉よりも〈時間貸し駐車場〉の方が
有効になる場合が多いです。
但し、機械の設置が必要となるため、自己使用したいときには早めの手続きが必要となります。

賃貸運用

50年以上の期間を設定で土地を貸し、地代は最初に一括して受け取る方法です。 所有権を保有したまま、まとまった資金を手に入れることが可能です。 借地契約期間が満了すれば土地は必ず戻ってきます。 ・借主の事情により、 期間延長がされることもありません。 ・立退き料を支払ったり、建物を買い取ったりする必要はありません。 ・契約の更新もありません。

※一時金方式とは 土地を貸すわけですから、収益源は「地代」となります。
通常、地代は月ごと・年ごとに分けての受け取りになりますが、一時金方式の場合、定期借地権設定時に一括して
受け取ることができますので、まとまった資金が確保できます。
なお、税務上は、受け取った年だけの収入・所得ではなく、土地を貸す期間に按分して計上することが
認められているので安心です。

売却査定依頼

売買物件検索

一戸建て

沿線から探す
エリアから探す

特集 - 売買物件検索

一戸建て

  • 画像リンク

    豊富な賃貸物件はこちら

  • 住宅ファミリー社の施工例

    住宅ファミリー社の施工例